【 4月26日(月)開催】海の環境を守りたい。漁師と料理人と共に作る食の未来 〜ASC認証牡蠣の産地から、海洋環境について学ぶ〜

【 4月26日(月)開催】海の環境を守りたい。漁師と料理人と共に作る食の未来 〜ASC認証牡蠣の産地から、海洋環境について学ぶ〜

4月26日(月)、食の未来を考えるオンラインイベントを開催!

サステナブルラベル「ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)認証」を日本で初めて取得した、宮城県南三陸町を繋いで、SRA-Jの加盟店「割烹伊勢すえよし」の田中佑樹シェフに、クラウドファンディングの特別イベントとしてご登壇いただくことになりました

詳細は『食と酒の未来勘所(みらいつぼ)』特設サイトから。水産資源のサステナビリティについて学びたい方、牡蠣の美味しい食べ方やレシピを知りたい方、ぜひご参加ください。

  • <内容>
    □ASC事務局から
    ・ASC認証とは
    ・なぜ今ASC認証というラベルが必要なのか
    □生産者から
    ・ASCに取り組んだことで、どんなことが起こったのか
    □料理人から
    ・レシピ紹介:家庭で気軽に調理できる、牡蠣レシピ

    ・質疑応答
    ーーーーーーーーーーーーーー

    日時:2021年4月26日(月) 19時半〜21時
    登壇者:
     松井大輔さん(ASCジャパン事務局)
     後藤清広さん、後藤伸弥さん(ASC認証取得の戸倉っこ牡蠣の生産者)
     田中佑樹さん(日本サステイナブル・レストラン協会所属:割烹伊勢すえよし)
    開催形式:オンライン(Zoom)
    参加費:4,500円(税込)
    送付物:戸倉っこ牡蠣 むき身300g、殻付き3個(賞味期限:数日 要冷蔵)、田中シェフ考案の牡蠣レシピ

    <協力>
    日本サステイナブル・レストラン協会

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会
担当者:樋口 実沙
E-Mail:info@foodmadegood.jp 

COVID-19 会員レストランの挑戦 第2弾

今回のコロナ禍で多くの飲食店が営業の自粛や時短営業を余儀なくされ、厳しい状況が続いています。しかし、この状況下でも負けずにチャレンジを続けるレストランが多々あります。今回は当協会のファウンドメンバーであるレストランの対策と取り組みをご紹介します。

<第2弾>伊勢すえよし(東京西麻布)では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月末まで臨時休業を余儀なくされています。
しかし、4月から田中佑樹シェフは「インスタライブ料理教室」を開催し、好評を博しています。

第1回は「抹茶フォンダンチョコレート」、第2回「真鯛の手毬寿司」、第3回「トマトのすき焼」、第4回「揚げ出し豆腐」。

同店では海外のお客様も多いため、解説に英語の通訳も入っています。田中シェフ自身も英語で説明するなど、シェフの人柄やおもてなしの心が非常によく伝わってきます。

緊急事態宣言が延長される中、「料理人としてできることはないか」と自問し、お家時間を少しでも楽しんでもらいたいとスタートしたインスタライブ。

この他にも新しい取り組みとして、田中シェフの出身地である三重の日本酒とすえよしの肴のセットを、蔵元と板前のオンライン飲み会付きで販売を開始しています。困難な状況下でも次々と挑戦を繰り返す若きシェフ。コロナに負けないという強い意志が伝わってきます。

伊勢すえよしインスタグラム:https://www.instagram.com/isesueyoshi/

<伊勢すえよしオンライン・クッキング・クラス>
 以下でご覧ください!

第1回「抹茶フォンダンチョコレート」パート1:https://www.instagram.com/p/B-nyslXHGJx/ 
第1回「抹茶フォンダンチョコレート」パート2:https://www.instagram.com/p/B-o8launLqE/

第2回「真鯛の手毬寿司」パート1:https://www.instagram.com/p/B-2CZ7EHtUe/
第2回「真鯛の手毬寿司」パート2:https://www.instagram.com/p/B-3EYBUnabh/

第3回「トマトのすき焼」:https://www.instagram.com/p/B-3M7LjnukC/

第4回「揚げ出し豆腐」:https://www.instagram.com/p/B_4WTYrHwpJ/

伊勢すえよしのフェイスブックページ:https://www.facebook.com/isesueyoshi/