FOOD MADE GOOD 50 セルフ・アセスメント・ツール

このツールは、50のサステナビリティの重要項目を理解してレベルアップするのに役立ちます。

このツールを使用して、アフターコロナに正しく営業を再開する計画を練ることができます。

次のことを行うことができます。

✔ メニューを再構築することができる

✔ サステナビリティに配慮したより良い関係性を築くことができる
新しいサプライヤーを探すことができる

✔ サステナビリティのTo Doリストを作成することができる

✔ サステナビリティについて、幅広くより良い影響を与える方法を見つけることができる

✔ サステナビリティの成功事例を同僚、投資家、パートナー、顧客に宣伝することができる

日本サステイナブル・レストラン協会は、飲食・レストランが、将来に渡って
持続可能な状態になるようにサポートするために存在しています

Food Made Goodの50の質問

調 達

地産地消と旬の食材の推進

1. 自国産の肉を100%調達している

2. 地域産と旬の食材を積極的に使用している

3. 季節に合わせてメニューを変更している

4. 使用している食材の生産地を100%把握している

5. 使用している食材のうち最低でも一つは、店舗のある地域の農家・漁師・生産者から調達している

より多くの野菜とベターミートを提供する

6. 牛肉や羊肉などの赤身肉を提供していない

7. 提供している料理の半分以上は肉類を使用していない

8. 料理一品あたりに使用している肉量を減らしている

9. ケージ飼いの鶏の卵を使用していない

10. 一日の食事につき、最低一品は野菜だけの料理(ビーガン料理)を提供する工夫している

水産資源に配慮した魚介類を使用している

11. 絶滅危惧種など絶滅のリスクが高い食材を使用していない(IUCNレッドリスト)

12. 産卵期の魚を使用しないよう工夫している

13. 持続可能な漁法で、また水産資源や海洋環境に配慮した水産物の認証がされている魚だけを提供している

14. メニューを通して、魚介類のサステイナビリティについて周知する取り組みを行っている

15. メニューを通して、多種多様な食材を提供している(マグロ、タラ、コダラ、サーモン、エビ以外に)

世界の農家とサプライヤーを支援している

16. コーヒー、紅茶、チョコレート、砂糖の農家と直接取引をしているサプライヤーを使用している

17. 責任ある調達をされたパーム油のみを使用している

18. フェアトレードとして認証された紅茶、コーヒー、砂糖、チョコレートのみを購入している

19. サプライチェーン上において、労働者の権利、労働慣行、環境への責任を果たしている方法で生産された生産物を購入している

20. 責任ある調達をされた大豆を使用している

社 会

従業員の公平な評価・処遇をしている

21. すべての従業員に有給休暇の付与、研修(生産者訪問など)を行うなどの福利厚生を提供している

22. 従業員に無給での時間外労働をさせていない

23. 同等の役職/役割には同等の報酬を与えている

24. アルバイト含むすべての従業員と書面で労働契約を交わしている

25. スタッフからの苦情受け付けに関する方針があり、すべてのスタッフが連絡することが可能な、苦情や意見を伝えることができる仕組みを持っている

地域コミュニティへの支援をしている

26. 障がいのある人にも対応出来るよう工夫している

27. チャリティー活動(社会貢献、慈善活動)に取り組んでいる

28. 周りのコミュニティとのコミュニケーションの一環として、お店のスペースを無償の貸し出しや金銭的な寄付を行っている

29. お店が周りのコミュニティへ与えている影響について評価し、伝える取り組みを行っている

30. 地域コミュニティを含む採用を行っている

健康的な食事を提供している

31. 子ども向けの料理があり、野菜のおかずを2品以上入れている

32. メニューにカロリーを表示をしている

33. 「食べ放題」「飲み放題」の仕組みは提供していません

34. 塩、脂肪、砂糖、カロリーについて、推奨されている一日分の摂取量(RDI)の半分以上を含むメイン料理の提供をしていません

35. アレルギーに関する情報をメニューに表示し、顧客が安全に選択することができる

環 境

エネルギー資源を有効利用している

36. 100%自然エネルギー(再生可能エネルギー)を使用している

37. エネルギーにガスを使用していない

38. 照明器具はLEDしか使用していない

39. エネルギーと水の使用量を定期的に測定し管理している

40. エネルギーの節約や節水をするよう従業員をトレーニングしている

リデュース・リユース・リサイクルを推進している

41. プラスチック製品(ストロー、カトラリー、マドラーなど)を使用していない

42. 使い捨てプラスチックでの包装を最小限にするような取り組みを行っているサプライヤーから仕入れている

43. ガラス、プラスチック、紙・ダンボールなどはリサイクルしている

44. 埋立処理される廃棄物を出さないような取り組みを行っている

45. 100%再使用可能なプラスチック製品か堆肥化可能なプラスチック製品のみを使用している

食料の無駄をなくしている

 

46. 食料廃棄の量を把握しており、削減目標を設定している

47. 余り物や残飯は、堆肥化 (コンポスト)か 嫌気性消化処理(メタン発酵)をしている

48. 食料廃棄を減らすために、発酵させる、ピクルスにするといった保存方法を選んでいる

49. 顧客が食べ切れない料理を持ち帰ることができるようにしている

50. 過剰に仕入れてしまった食料は寄付している