食の未来を、デザインする

日本サステイナブル・レストラン協会

Sustainable Restaurant Association Japan

サステナビリティに配慮した飲食店・レストランを選んで食事をすることが、現在地球が直面している課題の解決に導きます

日本サステイナブル・レストラン協会は、より多くの飲食店・レストランがサステナビリティに配慮した運営ができるように支援しています。どの飲食店・レストランを選んで食事をするのか、今後将来に渡ってとても重要なものとなってきます。
地球環境や人権・労働に配慮した方法で、自分の周りの飲食店・レストランが、どのように食材の調達し、調理し、提供しているかを是非ご確認ください。

Food Made Good 50

Food Made Good 50は、50項目の質問からあなたのレストランのサステナビリティの取り組み状況の中で強みと弱みを確認する新しい方法です。回答は無料となっており、その状況を伝えるレポートを提供いたしますので、是非ご活用ください。

サステナビリティに関する情報提供をしています

ニュースレターを発行しますので以下ご登録ください。

現在、気候変動による異常気象、森林破壊、水資源の枯渇、農薬や化学肥料による土壌への悪影響、水産資源の減少さらには海洋プラスチックなどの環境問題が発生しています。また世界の総人口の9分の1の約8億人が飢餓に苦しんでいる状況だとされる一方、日本を含む先進国においては多くの食品が廃棄されている状況があります。また社会課題としてサプライチェーン上で働く生産者の貧困、健康被害や労働者の過剰勤務なども発生しています。

そのような中、世界では、多くの飲食店・レストランが自分達とつながりのある人々とともにサステナビリティの必要性を理解し、実践を始めています。飲食店・レストランは、サプライチェーン上で働く生産者の人達やそのサポートをする人達、また食料関連品や飲料品などを製造販売する方達とのつながり、そして、来店されるお客様とのつながりを持つハブとなっています。つまり飲食店・レストランは、これら生産者と消費者をつなぐ橋渡しであり、非常に重要な役割を果たしているのです。そしてこの状況下で飲食店・レストランが中心となり、消費者、生産者等へサステナビリティのリーダーシップを取っていくことがとても重要となっています。

 飲食店がサステナビリティを牽引していく動きを具体化するために、英国では2010年からサステイナブル・レストラン協会を中心として、飲食店のサステナビリティ向上のための取り組みを開始しています。加盟レストランを中心として、生産者・サプライヤー、また消費者などのステークホルダーにより良い影響を及ぼしてきています。2016年に英国での活動を目の当たりにし、日本にもこの取り組みがまさに必要であると考え、2018年より日本サステイナブル・レストラン協会を立ち上げ活動を始めました。この活動を進めていくことで、日本のフードシステム全体も持続可能な状況となり、地球への環境影響を減らすことにつながります。ハブである飲食店・レストランを通じて、消費者がサステナビリティをより理解し、そしてサステナブルなレストランを選択することが多くなることにより、さらにフードシステム全体が持続可能な取り組みをすることができる良い循環となると考えています。日本サステイナブル・レストラン協会は、その良い循環をレストランや関係者、消費者とともに作って行きたいと考えています。是非一緒にサステナビリティの活動を拡げていきましょう。

一般社団法人 日本サステイナブル・レストラン協会
代表理事 下田屋 毅

私たちの食に関わる問題

私たちが生産し、調理し、提供し、食す、その食品を取り巻くすべての選択は、現時点のフード・システムの変革を起こしていく行動へとつながっています。 個人それぞれの力を合わせて大きな集まりとして、私たちは、将来に渡って人と地球をより安全で健康な状態にするため、サステナビリティに配慮した、より良いシステムを創造する力を持っています。
私たちは皆、ポジティブに永続的なサステナビリティに関する変化を推進するために必要な行動を行って、それぞれが果たすべき役割を担っています。 シェフ、生産者、飲食店・レストラン経営者、サプライヤー、消費者、コミュニティなど食に関わるマルチ・ステークホルダーが一丸となって、サステナビリティに配慮されたフード・システムの構築、また食事の提供への動きを加速することが必要となっています。

サステナビリティのフレームワーク

サステナビリティの「調達」「社会」「環境」の 3つの柱とそれに紐づく具体的な指標を用い、会員店舗のサステナビリティを可視化し、自己評価が行えるようサポートします。店舗はサステナビリティに関する質問に回答することで達成率に応じて評価がなされ、フィードバックが反映されたレポートを受け取ることができます。各店舗が自己評価を行うことで、問題解決に取り組むための優先順位付けと目標設定が可能となります。 

我々の活動に参加しませんか

単独では、実施することが難しいことも、多くの力を結集することで、我々はより良いシステムを構築することができる力を持っています。我々自身、また我々の子供や将来の世代の人たちへ、この地球をより安全で健康な状態にするために、将来に渡って持続可能にしていくための行動を起こしていくことが我々には求められています。

このFood Made Goodのメンバーになることで、サステナビリティを推進しリーダーシップを発揮する志を同じくするチェンジメーカーのコミュニティに参加することができます。
是非一緒に行動を起こしていきましょう!

News & Insight

2月1日(月) 国際認証「サステナブル・ラベル」について学ぶウェビナー 開催

2月1日(月) 国際認証「サステナブル・ラベル」について学ぶウェビナー 開催

一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会(SRA-J)は、2021年2月1日(月)、国際認証「サステナブル・ラベル」について学ぶウェビナーを開催いたします。 サステナブル・ラベルとは、有機JASやMSC認証、国際フェアトレード認証ラベルなど、持続可能な原材料調達や環境・社会的配慮、生物多様性等につながるさまざまな国際認証ラベルの総称です。...

1月18日(月)「フェアトレードを学ぶ 〜飲食業界ができること〜」ウェビナー 開催

1月18日(月)「フェアトレードを学ぶ 〜飲食業界ができること〜」ウェビナー 開催

コーヒーや紅茶、バナナやカカオ...これらの食材はほとんどが開発途上国といわれる国々で生産されています。その現場では、極度の貧困、児童労働・強制労働、森林伐採、気候変動による深刻な影響など、人々の暮らしや環境が犠牲になっている現実があります。現状では、通常の貿易の場合、人びとの暮らしや環境を守るのに必要な対価が考慮されていないことが多いのです。その結果、貧困や人権侵害が加速するだけでなく、品質・生産性の低下や環境破壊など、食材の持続可能な調達を脅かすことにも繋がっていきます。...

株式会社LEOCが全国1,000カ所で展開する「1000 VEGAN PROJECT」に、SRA-Jが協賛

株式会社LEOCが全国1,000カ所で展開する「1000 VEGAN PROJECT」に、SRA-Jが協賛

一般社団法人日本サステイナブル・レストラン協会(本社:東京都渋谷区 代表理事:下田屋 毅、以下SRA-J)は、ONODERA GROUPの株式会社LEOCが受託運営する1,000か所の事業所にてヴィーガン料理を提供する「1000 VEGAN PROJECT」(ワンサウザンド ヴィーガン プロジェクト)の協賛団体となりました。 「1000 VEGAN...