Global collaboration organisationS

グローバル協働組織

メンバー

ワールド・ベスト・レストラン50

ワールド・ベスト・レストラン50は、世界のベストレストラン・バーを毎年50位までランキングしています。2013年に導入されたFood Made Goodプログラムを通じたサステイナブル・レストラン・アワードは、世界のベストレストラン50リストの中で、環境と社会的責任の最高レベルを示すレストランを評価し、表彰するものです。ワールド・ベスト・レストラン50の中で、Food Made Goodのサステイナビリティ・レーティングをクリアしたレストランのみが、この賞の対象となります。

サン・ペレグリーノ・ヤングシェフ

サン・ペレグリーノ・ヤングシェフはガストロノミーの未来を育む、才能のプラットフォームです。2019年には、Food Made Goodの提案によって社会責任へのサンペレグリノ賞が導入されました。 この賞は、サステイナビリティの実践がなされた料理が最高であることを示す料理に与えられています。 社会的責任賞の審査員は、気候変動、生物多様性、食品廃棄物、資源利用、栄養、コラボレーション、アドボカシー、イノベーションの観点から、それぞれの料理の影響を検討し、持続可能性への斬新なアプローチをしているシェフに賞を授与します。

エレン・マッカーサー財団

“Food Made Goodのインパクトは、シェフがよりレストランの持続可能な経営ができるようになるだけでなく、アンバサダーやアドボカシーとして行動し、可能性を示し、スタッフや仲間および顧客に影響を与えるという点にあります。” ―ニック・ジェフリーズ

Local Collaboration organisationS

ローカル協働組織

メンバー

認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン

Fairtrade International(本部・ドイツ)の構成メンバーとして、日本国内における国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業・製品認証事業を担っています。 公正な貿易の実現によって、世界から貧困がなくなり、生産者が持続可能な生活を実現し、自ら未来を切り開いていける世界をビジョンに掲げ、市民、企業、行政などと連携してフェアトレードの普及推進を行っています。

PARTNER FOR GOOD

サステナビリティの推進のために、私たちと協働すること、もしくはパートナーシップにご関心があれば、下記までお問い合わせください。