サステナビリティのフレームワーク

フードシステムにおける環境汚染、人権問題等の課題は日々深刻さを増しています。現状を可視化し、より効果的な取組みを推進するためにSRAではサステナビリティにおける具体的な3つの指針を打ち出しています。

調達、社会、環境の3つの柱は、飲食店・レストランの運営を包括的に捉えています。したがって、地元産や旬の食材の提供、水産資源に配慮した魚介類や、アニマルウェルフェアに配慮した肉を提供すること、地元のコミュニティ・グループに場所を提供すること、スタッフが、エネルギーと水の使用を低減するための研修を行うための費用を支払うことなどすべて、このサステナビリティのフレームワークは、飲食店・レストランの皆様が行われていることをこれらのサステナビリティの取り組みとして包括的に捉えています。
また、これまで実施してこなかった領域については、今後の新たな目標とすることができます。

調 達

地産地消と旬の食材の推進

地産と旬の農産物を使用し、輸送コストと輸送に関わる環境影響を減らします。

より多くの野菜と
ベターミートの使用

野菜がメインとなるメニューの割合を増やして環境影響を減らし、アニマルウェルフェアに配慮した肉や乳製品を購入する。

水産資源に配慮した魚介類の使用

持続可能な方法で捕獲された魚介類を提供し、魚の資源と海洋環境の未来を確実にします。

世界の農家と
サプライヤーの支援

公正に取引された農産物を調達し、開発途上国の農家がフェアトレードなど公正に取引できる仕組みにアクセスできるようにします。

社 会

従業員の公平な
評価・処遇

平等な機会、研修、明確な方針を提供して、従業員の満足度と生産性を向上する。

地域コミュニティ
への支援

地域社会、学校、チャリティ団体と協力して、あなたをサポートしてくれている人々をサポートします。

健康的な食事の提供

バランスの取れたメニュー、適当な量の食事、そして顧客のニーズに応える健康的な料理を提供します。

環 境

エネルギー資源の
有効活用

エネルギー効率を改善し、資源を節約し、環境を保護し、水の使用を管理して、コストを節約し、環境影響を減らします。

リデュース・リユース・
リサイクルの推進

廃棄物を減らし、埋立処理場をなくすために、適正な廃棄物の管理を行います。

食料の無駄をなくす

フードロスを減らすためのモニタリング、管理そしてイノベーションを行います。

グローバルインパクト

Food Made Goodのメンバーシップについて

単独では、実施することが難しいことも、多くの力を結集することで、我々はより良いシステムを構築することができる力を持っています。我々自身、また我々の子供や将来の世代の人たちへ、この地球をより安全で健康な状態にするために、将来に渡って持続可能にしていくための行動を起こしていくことが我々には求められています。
このFood Made Goodのメンバーになることで、サステナビリティを推進しリーダーシップを発揮するという志を同じくするチェンジメーカーのコミュニティに参加することができます。
是非一緒に行動を起こしていきましょう!