イベント・セミナー

飲食店のテラス席・テイクアウトなどの路上営業に対する道路占有料を免除。

飲食店のテラス席・テイクアウトなどの路上営業に対する道路占有料を免除。

国土交通省は、2020年6月5日新型コロナウイルスで影響を受ける飲食店等を支援するための緊急措置として、テラス席やテイクアウトなどの路上営業に対する道路占有料を一定条件のもと免除する緊急措置を実施することを発表しました。 今回の緊急措置は、地方公共団体や関係団体と地域住民や団体が一体となって取り組む沿道飲食店の路上利用を対象に占有許可条件を緩和するもので、その際の占有料を免除するものです。...

飲食店限定、食材が50%OFFで購入できる「ぐるなびFOODMALL~Farm to Restaurant to Table~」先行登録開始!

飲食店限定、食材が50%OFFで購入できる「ぐるなびFOODMALL~Farm to Restaurant to Table~」先行登録開始!

株式会社ぐるなびが、農林水産省「令和2年度国産農林水産物等販売促進緊急対策事業 品目横断的販売促進緊急対策事業」の一環として、新型コロナウイルスの影響を受ける全国の生産者・卸等と飲食店の販路多角化支援を目的に、2020年7月上旬に飲食店向け国産食材ECサイト「ぐるなびFOODMOLL~Farm to Restaurant to Table~(以下、ぐるなびFOODMALL)」をオープンしました。7月中旬のサイトオープンに先駆けて5月29日(金)より飲食店の先行登録を開始しています。...

アフターコロナ、レストランの新しいかたち~FoodMadeGood50から取り組む

アフターコロナ、レストランの新しいかたち~FoodMadeGood50から取り組む

 コロナ禍を経て、私たちの生活はガラリと変わると言われています。「ニューノーマル」という言葉があちこちで見かけるようになり、レストランや食料品店のあり方も変わっていくでしょう。多くのシェフや経営者たちもコロナショックを経験し、料理人として、また食文化を担うプロとして、今までとは何か違う思いを抱えているのではないでしょうか。...

飲食店に手軽に寄付できるウェブサイト レストラン寄付.com

飲食店に手軽に寄付できるウェブサイト レストラン寄付.com

飲食店に手軽に寄付できるウェブサイトとして「レストラン寄付.com」が開始されました。 【寄付の仕組み】 支援者が「レストラン寄付.com」で支援したい飲食店の寄付(一口1,000円)を購入し、翌月決済手数料などを引いた寄付金がご指定の店舗口座に振り込まれます。運営は手数料を取らず、ボランティアによって運営されています。 【飲食店の掲載】 以下のフォームに必要事項を入力し、送って頂くことで、お店の情報をHPに掲載させて頂きます。...

COVID-19 会員レストランの挑戦 第4弾

COVID-19 会員レストランの挑戦 第4弾

今回のコロナ禍で多くの飲食店が営業の自粛や時短営業を余儀なくされ、厳しい状況が続いています。しかし、この状況下でも負けずにチャレンジを続けるレストランが多々あります。今回は当協会のファウンドメンバーであるレストランの対策と取り組みをご紹介します。 <第4弾>石神井公園フィリッポ(練馬区石神井公園)では、5月11日、18日、26日の3回にわたって『医療従事者応援プロジェクト~食の力でエールを送る~』という素晴らしい取り組みを練馬区の地域全体を巻き込んで行いました。...

COVID-19 会員レストランの挑戦 第3弾

COVID-19 会員レストランの挑戦 第3弾

今回のコロナ禍で多くの飲食店・レストランが営業の自粛や時短営業を余儀なくされ、厳しい状況が続いていいますが、この状況下でも負けずにチャレンジを続けるレストランが多々あります。今回は当協会のファウンドメンバーであるレストランの対策と取り組みをご紹介します。   <第3弾>サスティナブルキッチンROSY(東京都千代田区)では、4月1日よりランチとディナーともに完全休業をしていましたが、ゴールデンウイーク明けの5月12日(火曜日)より平日限定でランチBOXのテイクアウトと一部店内の利用を再開しました。...

COVID-19 会員レストランの挑戦 第2弾

COVID-19 会員レストランの挑戦 第2弾

今回のコロナ禍で多くの飲食店が営業の自粛や時短営業を余儀なくされ、厳しい状況が続いています。しかし、この状況下でも負けずにチャレンジを続けるレストランが多々あります。今回は当協会のファウンドメンバーであるレストランの対策と取り組みをご紹介します。 <第2弾>伊勢すえよし(東京西麻布)では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月末まで臨時休業を余儀なくされています。しかし、4月から田中佑樹シェフは「インスタライブ料理教室」を開催し、好評を博しています。...

COVID-19、会員レストランの挑戦 第1弾

COVID-19、会員レストランの挑戦 第1弾

今回のコロナ禍で多くの飲食店が営業の自粛や時短営業を余儀なくされ、厳しい状況が続いています。しかし、この状況下でも負けずにチャレンジを続けるレストランが多々あります。今回は当協会のファウンドメンバーであるレストランの対策と取り組みをご紹介します。...

【営業状況を問わず対象】  先払いシステム「さきめし」をサントリーが1億円規模でサポート

【営業状況を問わず対象】 先払いシステム「さきめし」をサントリーが1億円規模でサポート

Gigi(ジジ・福岡市)が運営する「さきめし」という行きつけのお店を先払いで応援するプロジェクトをサントリーが支援し、登録店舗の拡大が加速しています。 登録店舗は ❶一律飲食店への寄付の分配が受けられる(5月25日から5月31日の期間で受付) ❷「先払いチケット」購入時の手数料無償化による顧客の流入(5月25日から) が見込めます。登録店舗は初期費用や月額料金は一切かかりません。 この手数料還元総額とサントリーの寄付額の総額が1億円に到達するまで実施予定だそうです。 ※現状の予定となり変更となる可能性があります。...

【47都道府県別】新型コロナウイルス被害による国・地方自治体の金融支援・融資まとめ

【47都道府県別】新型コロナウイルス被害による国・地方自治体の金融支援・融資まとめ

飲食店様向けに、新型コロナウイルス被害による国・地方自治体の補助金・助成金などの支援・融資関連がまとめられています。 補助金・助成金の申請の仕方が地域によって異なるため、分かりにくいと感じておられる方もいらっしゃるかと思います。 各地方自治体は47都道府県別になっていますので、参考にしていただければと思います。   詳細はこちら https://shokusai-life.com/loan-or-support-for-restaurant/...

「手が回らない!」持続化給付金の申請に対する支援がスタート

「手が回らない!」持続化給付金の申請に対する支援がスタート

favy・マネーフォワード・メリービズ3社が持続化給付金の申請支援をスタートさせました。

飲食店の持続化給付金申請に必要な会計データの入力業務の代行と、飲食店のクラウド活用をサポートし、飲食店が最小限の負担で持続化給付金の申請の効率化ができるよう支援するプロジェクトとのことです。

新規で利用する場合、以下の必要事項を満たせば会計データ入力代行費用をマネーフォワード社が負担するそうです。

・favyのアカウント登録があること(無料登録で問題ありません)。

・マネーフォワードクラウドのビジネスプランもしくはスモールビジネスプランを新規ご契約(1ヶ月あたり2,980円~)。

・進行期・前期・(もしそこに含まれなければ)2019年1月以降の売上データがある(他社会計ソフト、Excelなどでの記録、税理士さんがデータを保有しているなど)。

詳しくはこちらの記事でご確認し、今の店舗に必要かどうか検討しご利用ください。

https://www.sankei.com/economy/news/200520/prl2005200580-n1.html

申し込みフォームはこちらURL:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTNvK2bHHwHqjzwlPG1R3qJrLBI4YI6rbprx3wxLBhDDIs4w/viewform

応援チケットを購入して、全国の飲食店を応援しよう!

応援チケットを購入して、全国の飲食店を応援しよう!

#全国応援チケットプロジェクト として、全国の飲食店を支援するクラウドファンディングが開始されました。 飲食店は参加店舗としてこのプロジェクトに登録することで、このサイトを通じて飲食チケットにより 先払いによる支援を受けることができます。 スケジュール 5月12日(火)   クラウドファンディング開始 6月29日(月)   クラウドファンディング終了 6月末      参加店舗に決済手数料を差し引いた支援金額を振り込み 6月末〜7月初旬 お食事券とホームデリバリーの商品を発送いたします...

【緊急ボランティア】飲食店と仕事がない方を応援するためにデリバリーマッチングサービスを開始

【緊急ボランティア】飲食店と仕事がない方を応援するためにデリバリーマッチングサービスを開始

【地域に特化した、デリバリーマッチングサービスがスタート】 新型コロナウイルスにより、緊急事態宣言に休業や営業時間短縮等に伴い 売上が大幅に低迷する飲食店と仕事がない方の為に、 急遽ボランティアでサイトが立ち上げられました。 飲食店は初期費用/月額費用/手数料など一切かからず完全無料で利用できます。 また、お弁当の売上は当日中に全額飲食店が享受でき、配送料は全額配送スタッフに当日還元します。 そして、ポスティングやSNSの広告宣伝費も全てサイト管理者が負担します。...

ゴミの出ない、テイクアウト一覧情報【東京】

ゴミの出ない、テイクアウト一覧情報【東京】

飲食店のテイクアウトが増えている一方で、懸念されるのがごみの増加です。 実際、店内で食べるよりも持ち帰り用のプラスチックのケースやカトラリー、ビニール袋など、 注文した数だけごみも増えてしまいます。 そんな中、テイクアウトで容器の持ち込みをお客様に呼びかけたり、許可している飲食店がまとめられています。 マイ容器やマイ皿、またラーメン店やカレー店ではマイ鍋を持っていくと キャッシュバックできるお店も増えているようです。 また、容器持ち込み、マイバッグが推奨される理由は環境面だけではありません。...

訳あり商品マーケットプレイス「Wakeari(ワケアリ)」

訳あり商品マーケットプレイス「Wakeari(ワケアリ)」

新型コロナウイルスの蔓延により経済が停滞し、厳しい状況にある業者さまの支援を広げる場として、訳あり商品マーケットプレイス「Wakeari(ワケアリ)」がリリースされました。 あらゆる業種の販売者さまが自社の商品や在庫を訳あり商品として販売でき、通常よりも安い価格で「買って応援、食べて応援」を促進するサービスです。 現在コロナ支援として、「#コロナに負けるな!Wakeari店舗さま支援、すべて無料キャンペーン」を実施しているそうです。 詳しくは、こちらのサイトから...

新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始める方への支援策

新たなサービスとして「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始める方への支援策

公益財団法人東京都中小企業振興公社のホームページより、東京都内で4月1日以降新たに「テイクアウト」「宅配」「移動販売」を始めた飲食店に向けて、助成金制度を公表しています。 助成金の対象者:都内にある店舗内で、調理した飲食料品を提供することができ、飲食可能なスペースを有する事業所であり、資本金の額または出資の総額が5,000万円以下の会社または常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人の方。 経費の対象: (1) 販売促進費(印刷物制作費、PR映像制作費、広告掲載費 等) (2) 車両費(宅配用バイクリース料、台車 等)...

日本フードサービス協会より外食業の事業継続のためのガイドライン発表

日本フードサービス協会より外食業の事業継続のためのガイドライン発表

外食業の事業継続のためのガイドラインとして日本フードサービス協会より5/15に新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)に基づくガイドラインが掲載されました。 こちらのガイドラインでは営業再開時の店舗運営方法について短期的な対処法を具体的に確認できます。細かなガイドラインとなっておりますので感染予防と営業再開の参考にしましょう。...

飲食店と食卓をつなぐ“レストランキット”デリバリー「ecbo kitchen」開始

飲食店と食卓をつなぐ“レストランキット”デリバリー「ecbo kitchen」開始

ecbo株式会社が手がける、飲食店と全国の食卓をつなぐ“レストランキット”デリバリーサービス「ecbo kitchen(エクボキッチン)」が新たに5月12日よりスタートしました。 「エクボキッチン」は、飲食店と全国の食卓をつなぐ “レストランキット”デリバリーサービス です。全国のお店自慢のメニューを料理キットにして各家庭の食卓へお届けし、自宅でかんたんに「あのお店のあの味」をお楽しみいただけます。...

焼き物の町有田から #マイうつわテイクアウト で飲食を盛り上げる

焼き物の町有田から #マイうつわテイクアウト で飲食を盛り上げる

有田焼きで有名な佐賀県有田町からの粋なご提案です。 せっかく焼き物の町なので、うつわと食でタッグを組んでテイクアウトを盛り上げよう、という取り組みが行われています。これはテイクアウトを利用することで増えてしまう家庭ゴミの削減にも繋がるとのことです。  ...

テイクアウトのルールについて各地域の保健所から学ぶ

テイクアウトのルールについて各地域の保健所から学ぶ

新たに始めたデリバリーやテイクアウト、通販が意図せず「法令違反」となっていないでしょうか。フードビジネスコンサルタントの永田雅乙氏によると、飲食店はこれからの季節に向けた消費者の安全確保とともに各地域の保健所に問い合わせて改めて学んでおくべきだと指摘しています。...

最前線で闘う医療機関の皆さまにシェフの“おいしい”を届けたい「医療従事者応援プロジェクト(石神井)」

最前線で闘う医療機関の皆さまにシェフの“おいしい”を届けたい「医療従事者応援プロジェクト(石神井)」

新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、医療従事者の職場環境も逼迫している中、最前線で戦う医療従事者の方々に食で応援をと、石神井のPIZZERIA GTALIA DA FILIPPOの岩澤正和シェフが、現在石神井周辺の町の呼吸器系医院へ 20~30点の料理を届けています。

アフターコロナの持続可能なフードシステムとは / 映画『都市を耕す』無料公開中

アフターコロナの持続可能なフードシステムとは / 映画『都市を耕す』無料公開中

映画『エディブルシティ(都市を耕す)』期間限定無料公開(6/21/2020 夏至まで) COVID-19の広がりを受け、これからの働き方・暮らし方が問われる今、「食を経済活動から切り離し、コミュニティで食べものを自給する」というエディブルシティのビジョンがインスピレーションになるということで、映画の製作者であるアンドリュー氏が期間限定での無料配信を行っています。 こちらの動画は個人視聴用です。映画の詳細はこちらよりご覧いただけます http://edible-media.com/movie-ediblec... Edible...

一本のワインを未来につなぎ、飲食店を支援する

一本のワインを未来につなぎ、飲食店を支援する

一本のワインを未来につなぎ、飲食店を支援する『ボトルキーププロジェクト』とは新型コロナウィルスの影響を受ける飲⾷店への⽀援策としてONESTORYとキッチハイクが連携してスタートしたプロジェクトです。...

#医療現場へ食事のエールを贈ろう コロナ最前線ではたらく病院関係者支援プロジェクト 「スマイルフードプロジェクト」

#医療現場へ食事のエールを贈ろう コロナ最前線ではたらく病院関係者支援プロジェクト 「スマイルフードプロジェクト」

医療の現場に私たちシェフが作る一皿で、明日に向かう活力を養う活動が行われています。 “Smile Food Project”は、シンシア オーナーシェフ石井 真介シェフ、株式会社CITABRIA 代表取締役が石田 聡氏が立ち上げ、有名シェフを中心に活動が開始されています。 Smile Food...

英国SRAウェビナーにてアフターコロナを語る

英国SRAウェビナーにてアフターコロナを語る

英国SRAアンドリュー・ステファン、ウェビナーにてアフターコロナを語る    4月24日、英国SRAのCEO アンドリュー・ステファンがコロナ後の店舗再開に向けてウェビナーを実施しました。概要は以下の通りです。 ロックダウンは危機ではなく、様々なことを考え直す良い機会(チャンス)と捉えよう。アフターコロナにおいては、COVID-19以前の食の慣行(例えば、環境に悪影響を与えるメニューや経営)は通用しなくなる。地球、顧客、従業員に良い影響をもたらす店舗のみが生き残る。...

お店で余ってしまった料理を、利益に

お店で余ってしまった料理を、利益に

TABETE がお店で余ってしまった料理を、利益に変える取り組みを行っています。期間限定で6/30までの取り組みです。「お店もレスキュー!プロジェクト」を実施しています。 ①期間中「食品ロス」だけでなく、すべての商品をTABETE に出品可能②680円の価格上限の一時的廃止③TABETE 展開エリア外の店舗の受け入れ お店もレスキューするために: TABETE...